IE9が100% HTML5互換を達成?

http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/06/04/ie9-html5/index.html

ところが、IE9が普及するのは非常に難しいと思うんですよね。
今、IE6とIE8ではIE8の方が勝っているようですが、これってPCを買い換えたから変わっただけの話で、
WindowsXP = IE6
Windows7 = IE8
というだけだと思うのです。

ということは、

Windows X(Windows7の次のバージョン) = IE9

という構図である限り、
Windows7以上のOSが出て、かつ買い換えに見合うものでないと、
IE9が広まることなんて恐らく無いと思います。

従って、一般WEBレベルではWEB屋はクライアントからIE6~IE8のサポートを強いられるため、
WEB屋がHTML5を諦める。と言うことは、HTML5が普及する事はまずあり得ない。というわけです。

iPhoneではHTML5かもしれないけれど、そんなシェアはすぐにAndroidに食われるので、気にする事も無い誤差でしかないかと。
HTML5じゃなくても現状何とかなるし。

もちろんFLASHは動かないらしいので(今は。スティーブ・ジョブスが生きている間は。という表現の方が適切かな?)、
HTML5用のFLASHみたいな動画を用意する。というのは、見積もりアップの格好の題材なので、WEB屋はちょっと儲かるしれないですね。