コラム

Samsungの27inchをMacBookAirにつなげて高解像度

2012年6月16日 土曜日

スマートフォン用ソフトの開発に対する考察

2012年5月17日 木曜日

NetBeansのバージョンを上げたらすごい使いやすくなってた

2012年5月15日 火曜日

東京電力の原発作業者

2011年3月15日 火曜日

Ruby on Railsのバージョン違いで悩み続けているのは自分だけ?

2011年2月23日 水曜日

近所の他人がWiFi使わせろと言ってくる世の中になったらしい

2010年7月31日 土曜日

そういえばPCを始めて買う時、Win系かMacかで悩んだ

2010年7月30日 金曜日

やばいiPhone4が欲しくなってきた。3Gじゃなくて4。

2010年7月14日 水曜日

秋葉原は完全にヨドバシに食われている気がした

2010年7月11日 日曜日

アメーバピグは昔ハマったあるチャットサイトと何か違う

2010年6月29日 火曜日

アメーバピグは、本当に会話しているように、相手の隣に立たないと会話がスタート出来ないのだ。
一方マーマーチャットは、吹き出し形式ではあるが、
突然隣に登場して、ペタペタといろいろな場所に自分の言葉を貼り付けられるので、
会話開始は縦横無尽すぎて、
アメーバピグに比べてかなり違いがある。

一つの会話をしつつ、もう一つ会話をする事も出来る。
アメーバピグだと、同時に会話出来るのは1箇所である。

1対1でずっと会話を続けざるを得ないと、
どちらかが終了のかけ声を出さないと会話を閉じにくいが、
マーマーチャットの会話はもう少し緩いつながりの会話である。

ブログに比べてTwitterはお互いの関係が緩いのに似ている感じがする。

アメーバピグはアバターを着飾ったりなどでお金を払ってファッショナブルになるのが楽しいらしいが
(アメーバピグに入って会話した人が言ってた)
自分はそれのどこが面白いのかいまいち分からない。
チャットは見ず知らずの人といきなり話すのが楽しいのでしょ。と思うが。

どこかにマーマーチャットは無いだろうか・・・。

あ、ちなみにアメーバピグは女性が6割だそうですw
ネットナンパを狙っている人はおすすめです。
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100629_377464.html

-->

音楽のダウンロード販売に今頃ながら驚いた

2010年6月18日 金曜日

1枚CDを買っても、結局最終的によく聴く音楽は全体の数曲だが、
これならば無駄がまったく無い。
曲も150円程度。

また、最近はDJ KOMORIという人のフィーチャリングがいいなと感じているが、
DJ KOMORIの曲のみをまとめてアルバムみたいに買う事だって出来る。

CD販売が主流だった時代は、こんな事は決して出来なかった。

今更ながら、すごい時代なんだなと思った。
と同時に、曲の買いすぎに注意!wとも思った。

-->

プログラマ視点で見ると人間はすごいなと思う

2010年6月7日 月曜日

それでもやっぱり人間は素晴らしいな。と思う瞬間が昨日あった。

昨日、子供の自転車乗りを教えていたのだが、
最初はペダルをこがずに足でピョコピョコ走っていたが、
頑張ってペダルに足をのせて、上下に動かすようにすると気持ちよくスイーッといくよ。
という事を根気強く教えていたら、そのうち自分でコツを掴んだらしく、
1時間もしたら綺麗に走るようになってしまった。

こんな事、アルゴリズムのもとに動くコンピュータプログラムには、絶対に無理である。

もちろん人工知能である遺伝的アルゴリズムを使えば、
同じような事はその内可能にさせるのかもしれないが、
そういう上達プログラムを最初から持っている
or
勝手に獲得してくれる人間は、やっぱりすごい。

神様がもし存在して、
神様が人間の行動プログラムを書いたのなら、
あんたはすごいプログラマだw

-->

件名に何も入力しない業務のメール

2010年6月4日 金曜日

なぜか?後で受信者は当該メールを検索して取りだそうとするかもしれない。
そして検索結果が一覧表示される場合、大抵リストに出てくるのは件名だからである。

ところが件名が空だと、
検索して一覧表示させても、
中身がよく分からないのでいちいちクリックせねばならず、
効率が大きく落ちる。

また件名の文字列はメールの検索結果の対象になる。

故に、相手が後日メールを検索して探す事を考え、
件名は入れておいた方がいいと思う次第である。

もちろん、読み捨ててそのままゴミ箱に入るようなメールは件名は不要だが。

メールを送る場合、相手が後日、自分のメールを検索する事を考え、件名を付けて送ってあげた方が仕事上は相手の効率がアップするかもしれない。

-->

タイプミスについて分かった事

2010年6月2日 水曜日

例えば私がよく間違えるタイプは

致します

いたしまうs

である。

これは

I TA SHI MA SU

の最後の SU を

I TA SHI MA US

としてしまうからである。
自分が今度タイプミスをした時、なぜそのミスキーワードになったのか、一度立ち止まって見てみてほしい。
きっと、玄人であればあるほど、母音と子音を逆に打ち込んでしまい出ていると思う。

-->

プログラマと爪の関係

2010年5月25日 火曜日

楽器を演奏する人は爪を短くするのが定石というか常識だが、
キーを叩く操作はそれに近いのかもしれない。

妙にキーパンチがうるさく感じる人、妙にタイプミスが以前に比べて多い人は、
まずは自分の爪を見つめてはいかがだろうか。

-->

家族のPCをIE6からバージョンアップさせよう

2010年5月15日 土曜日

顧客が感じる不安と玄人が感じる深刻度

2010年5月11日 火曜日

無料ソフトだと開発スピードが速い

2010年4月16日 金曜日

iPhoneとAndroidの行方

2010年4月12日 月曜日

Q&Aサイトのライセンス提供の功罪

2010年4月3日 土曜日