Eclipse

Eclipseでうざいhtml構文エラーは消す

2011年4月12日 火曜日

Eclipseのエディタの色を変更

2011年3月25日 金曜日

Eclipseのエディタの文字コードの設定

2011年3月22日 火曜日

Eclipse PDTのXdebugでZendFrameworkのデバッグ

2011年3月22日 火曜日

Eclipseでプラグインをインストールする方法

2011年3月19日 土曜日

Eclipseでうざいエラーを無視させたい場合

2011年3月19日 土曜日

EclipseでSmartyの.tplをhtmlファイル扱いしたい時

2011年3月19日 土曜日

Eclipseでプロジェクトの文字コードを変更する場合

2011年3月18日 金曜日

Android用開発環境の準備 その4 Androidのインストール

2010年6月1日 火曜日

名前:Android Plugin
ロケーション:https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/

これで進めていき、出てくるチェックボックスは片っ端からチェック。くれるモノはなんでもちょうだい!

ライセンス条項も反射神経でOKを。

とにかくOKを押しまくっていると終了。

続いて

http://developer.android.com/sdk/index.html

でWindows版をダウンロード。

その後解凍してお好きなフォルダに配置。

再びEclipseに入り

ウィンドウ → 設定

で出てくるウィンドウ上の左側にある『Android』を選択。

SDKロケーションには、先ほど解凍して好きな場所に配置したSDKのフォルダを指定。
自分の時は何かエラーっぽいメッセージが出てきたが、たぶん無視してOK。

続いて

ウィンドウ → Android SDK and AVD Manager

出てくるウィンドウの左側にある『Available Packages』を選択

チェックというチェックは全てチェックして、Install Selectedボタンを押す。
いろいろあるが全部インストール。

最後にエミュレータの設定。

同じウィンドウの『Virtual Devices』を選択して、新規ボタンで作る。

これでAndroid開発環境は整備完了。

-->

Android用開発環境の準備 その3 Eclipse日本語化

2010年6月1日 火曜日

http://mergedoc.sourceforge.jp/

Pleiades 本体ダウンロード

の安定版をダウンロード。

その後解凍して、Eclipseを設置したフォルダ内の
featuresには Pleiades解凍後のfeatures内
pluginsには Pleiades解凍後のplugins内
をそれぞれコピー。

さらに解凍すると出てくるeclipse.exe-clean.cmdをeclipse.exeと同一フォルダに配置してダブルクリック。

1回動かしたらこのeclipse.exe-clean.cmdは削除して可。

これで日本語化されている。

続いて文字コード。
文字コードはUTF-8が前提だと思うので、

ウィンドウ → 設定

で出てくるウィンドウの左側の『一般』の『ワークスペース』で

テキスト・ファイル・エンコード を UTF-8に。

-->

Android用開発環境の準備 その2 Eclipseインストール

2010年6月1日 火曜日

64bit版はどうもEclipse Classicだけのようなので、
Classic版のWindows 64bitを選択。
32bit版も動くかもしれないが、メモリ空間を考えたら64bitの人はこちらを選んだ方が絶対にいいと思います。

ダウンロード完了したら解凍。
あとは自分の好みのフォルダに移す。

-->

Eclipse[PDT]のデバッグ環境構築

2010年4月15日 木曜日

EclipseでSubversionを行う方法

2010年2月8日 月曜日