IDEOS携帯でIP電話に携帯環境を変更

日本通信のIP電話に替えまして、auから鞍替え計画中です。
退路を断つ意味でauは完全解約予定です。

巷のホームページを見ると、IDEOSは途中で声が途切れたりする。
電池の消費が激しい。
エコーが聞こえる。

などの話がありますが、前者2つは仕方ないにせよ、自分はエコーは通話音量さえ下げれば特に問題にはなりませんでした。

それよりも、仕事の電話がかかってきて都合悪い話だった場合に、

「あれ、お声が遠いようですが?あれ?あれ?聞こえないな?あれ・・・?あれ・・・ブッツーーーー」
※最後のブッはわざと切るw
とかして、電話が着ても都合の悪い話だったら強制シャットアウト出来たり、

「すんませーん。電池切れちゃったみたいで。」

みたいに電池切れを言い訳に出来たり、

普通の携帯に比べたら音声品質や電池の持ちでクオリティダウンなんですが、望むところですわ。
という感じです。


というのは半分冗談(?)で、
1)日本通信のSIMカードはDoCoMoなので、DoCoMoネットワーク網を使える
2)すでにDoCoMoのL05Aで契約しているが、代替可能でコストダウンが図れる
3)au携帯にしたが結局auのネットワーク回線はほとんど使わなかった
  ※DoCoMo一本化への動機
4)イーモバイルは最安値(月額490円)があるので2回線は確保済み
5)090ではなく、どうしても050と書きたい瞬間があり、これで解決

という事情から、IDEOS携帯にしました。

気のもちようによっては、十分メリットってあるもんですよ。


コメントをどうぞ