音楽のダウンロード販売に今頃ながら驚いた

仕事、趣味ともに自分はプログラミングである。

作業中は、無音よりは軽快なリズムの洋楽
(何を話しているかサッパリ分からないくらいが仕事にはちょうどいいw)
を聴きながらの方がはかどるため、洋楽CDをTSUTAYAでレンタルしまくったり、
たまにHMVで試聴していいなと思ったCDを買ったりしていたが、
今頃になってiTunesの音楽ダウンロード販売の素晴らしさに気付いた。

というのも、TSUTAYAでは試聴が出来ないため、
とりあえず当てずっぽうに借りたCDは、結局聴いててもどれも大して良くないし、
HMVやタワーレコードで試聴して買おうと思っても、実はiTunesの方が圧倒的に安い事が多い。
金額差は、CDをまともに買うのが失せるくらいの落差である(600円から1000円)。

一方、iTunesは音楽は事前に試聴が出来るし、
いいと思った曲だけをバラで買う事が出来る。



1枚CDを買っても、結局最終的によく聴く音楽は全体の数曲だが、
これならば無駄がまったく無い。
曲も150円程度。

また、最近はDJ KOMORIという人のフィーチャリングがいいなと感じているが、
DJ KOMORIの曲のみをまとめてアルバムみたいに買う事だって出来る。

CD販売が主流だった時代は、こんな事は決して出来なかった。


今更ながら、すごい時代なんだなと思った。
と同時に、曲の買いすぎに注意!wとも思った。



コメントをどうぞ