ZendFrameworkとFirebugは便利

ZendFrameworkを利用して開発しているならば、ぜひおすすめなデバッグ方法がある。


ZendFramework + Firebug + FirePHP


は、var_dumpの必要を無くしてくれる。


Zend_LogでFirefoxのFirebugのコンソールにメッセージを出してくれるもので、具体的な使い方は以下の通り。


フロントコントローラーにおいて


 




require_once ‘Zend/Log.php’;
require_once ‘Zend/Log/Writer/Firebug.php’;


ディスパッチャ($front->dispatch() )が動く前に


 




$writer = new Zend_Log_Writer_Firebug();
$logger = new Zend_Log($writer);
$front->setParam(‘logger’,$logger);


とする。あとはコントローラーやモデル内で

private $_logger;
とでも宣言して


public function init()
{


$this->_logger = $front->getParam('logger');

と宣言すれば、

いつでも好きな時に


$this->_logger->log($sql, Zend_Log::INFO);

という記述をすれば、例えば上記の場合は$sqlの中身がFirebugのコンソールに表示される。

Firebugのコンソールは別ウィンドウで出した方が楽。

 



var_dumpはAjaxを利用した開発の時は使えないが、これを使えばAjaxに対する出力プログラムでもvar_dumpと同様のデバッグが可能になる。





コメントをどうぞ