便座の座る位置について

3月末でいくつかFIXし、あとは先方事情でずれ込んだので(私に非は無し)、ちょっと余裕が出来たから面白い事書いてみようじゃないか。と。


便座の座る位置について です。

前から書きたかったコレ。


皆さんは、便座の座る位置。どこに座っていますか?

つい最近まで、私は全員同じ位置に座るのだと思っていたのですが、


どうも自分は人と違う位置に座っているのでは・・・?


と気付きました。


それを教えてくれたのは、ウォシュレットです。


汚い話で申し訳ないですが(タイトルの時点で察してますね皆さん)、

大きい方をポチャリとやった後、ウォシュレットで洗浄をするのですが、


ボタン2つあるじゃないですか。あの発明品。


『ビデ』と『おしり』っていうあのボタン。


私がいつも押すのは、実は『ビデ』なんですよ。

『おしり』って書いてある or それを必死に表現しようとしている『絵』のボタンではなく。


仮にうっかり『おしり』ボタンを押すと、

自分の場合、どんなウォシュレットでも、壮絶な結果を招きます。


おしりを洗うはずなのに、おしりボタンを押すと、なぜか水が当たる場所が尾てい骨付近で、すごい事になるんです。噴出される水が尾てい骨を直撃した後どうなるかは想像してみてください。


旅先で、新しいウォシュレットに出会うと、


このウォシュレットの『おしり』ボタンならば、このウォシュレットならば!


このおしりボタンならば・・・私のおしりと相性がいいのでは!?


私にとって本来の役目を果たしてくれるのじゃないだろうか?(尾てい骨に当たらず)


と、昔は果敢にチャレンジしていたのですが、全戦全敗でだいぶ昔に諦めました。


ちなみに私が座る位置は、浅く座るタイプ


  ○

  |  ||

ーー    ||

===


でした。


今まで気にもしなかったのですが、とはいえ『ビデ』とは何の事なのかまったく分からず、

とりあえず『ビデ』が自分にとっては最適なポジションに水をぶつけてくれるのでw

これを使っていました。


しかし私ももう30歳。ビデの1つや2つ知らなくてはビジネスシーンで生きていく事が出来ません。

そこでようやく調べました。インターネットって便利ですね。

昔は子供相談室に

「あ、すいません。ビデッてなんすか?」

と聞かなければならなかったのに。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%87


衝撃を受けました。


具体的な言及は内容が内容なので避けますが、

男が使うものじゃないんじゃないか?という事だけは理解しました。


しかし私にとっては、『ビデ』ボタンがおしり。『おしり』ボタンが尾てい骨なんです。


そこでようやく気付きました。


もしかして、私は人様とはちょっと違う場所に座っているのでは・・・?


という事に。


私は


  ○

  |  ||

ーー   ||

===


と座っているのですが、本当は


   ○

   | ||

 ーー ||

===


これくらい、奥に座るべきなんじゃないか?


という事に。


そうすれば、『ビデ』の位置は、うんまあビデの位置?よく知らんけど。男もその辺に同じくらい大切なモノがあるし?たぶんその辺?そう、その辺。みたいな。


『おしり』はおしり に晴れてなる気がするのです。


しかし老いた犬に新しい技を教えるのは至難の技です。


30歳にして便座の座る位置を変えて、カルチャーショックを受けるのも敗北感があります。


かくして私は昨日も今日も明日も、ビデボタンを押すのです。





コメント / トラックバック1件

  1. [...] This post was mentioned on Twitter by europa3. europa3 said: http://bit.ly/brJxnP 便座の座る位置についての記事投稿です [...]

コメントをどうぞ