metaタグによるキャッシュ操作

HTMLのheadタグ内に記述するmetaタグで、キャッシュを操作する場合の記述方法。


<meta http-equiv="pragma" content="no-cache" />

<meta http-equiv="cache-control" content="no-cache" />

<meta http-equiv="expires" content="Sat, 30 Sep 1999 10:10:10 GMT" />




コメントをどうぞ