開発方法

mixiアプリには、

・ホームビュー

・プロフィールビュー

・キャンアスビュー

の3種類の表示モードが存在します。


ホームビューは、いわばmixiにアクセスした際のトップページです。

<Content view="home">

<![CDATA[

ホームビューの情報

]]>

</Content>

と書くことでホームビューの情報になります。


プロフィールビューは、『プロフィールを見る』にアクセスした際のページです。

<Content view="profile">

<![CDATA[

プロフィールビューの情報

]]>

</Content>

と書くことでプロフィールビューの情報になります。


キャンバスビューは、画面いっぱいに使える、つまりmixiアプリ専用画面と考える事が出来ます。

なお環境の用意 で紹介したhello worldは、キャンバスビューに表示されたものになります。

<Content view="canvas">

<![CDATA[

キャンバスビューの情報

]]>

</Content>

と書くことでキャンバスビューの情報になります。


なお

****の情報

と書いたところは、デフォルトでhtmlコードになるため、HTMLコードを記述すればそのまま反映されます。

例えば

<h1>Hello World</h1>

というコードもあり得るでしょうし、

<script type="JavaScript" src="http://~~~/system.js"></script>

というコードを書く事も可能です。


例)

<Content view="canvas">

<![CDATA[

<script type="JavaScript" src="http://~~~/system.js"></script>

<h1>test</h1>

]]>

</Content>





コメントをどうぞ